利息を払わないでお金を借りたエピソード

結婚して一から旦那の浪費癖が治らず二重ローンを勝手に組み、そのカードローンを払うと生活費が足りず会社の社長に私が働いて返済するという条件でお金を借りることが出来ました。毎月必死に返済をしていたのですが、夫が私に内緒で借金を増やし続けていました。信頼関係がくずれてしまったが、返済はまってはくれないので、必死に返済し続けて7年で返すことが出来ました。正直二度と借金はしたくありません。欲しいものもかえず食べれず、ただただ返済のためだけに毎日を過ごしていたような気がします。その後は、お金を管理して二度と借りたくない。

私は同人グッズ専門店に

私は同人グッズ専門店に行ったときに連れから一万円を借りました。大ファンのイラストレーターのタペストリーが売っていたのですが、別の店で散財したせいで所持金が足りなかったのです。そこで一緒にいた友人に、友人が読みたがっていた同人誌を十冊貸すことを条件に無利子でお金を借りました。同じ趣味を持つ仲間だからこそ、いざという時に助け合えるので貴重な存在です。むろん、だからといって助けてもらってばかりではいけません。同じ状況に陥った時には、自分も同じことをしなければいけません。金銭が関わる以上、それが暗黙のルールです。

パチンコに通うようになり

パチンコに通うようになり友達から借金をしています。最初は一万円借りていたのですが、地獄少女というパチンコ台にハマり毎日パチンコ店に通うようになり現在は50万円程までお金を借りています。毎月一万円返済すように借用書を書いてお金を返済するようにしています。パチンコにハマると人格までかわり、生活も苦しい状況になっています。借金をしてまでパチンコにつぎこむのはやめようと何度も試したのですがなかなか改善されません。どうしたら借金しなくてもいいようになるか考えたのですがこれはもう病気の一部になっているのです

失業した時に自治体の総合支援資金貸付制度

失業した時に自治体の総合支援資金貸付制度を利用して40万円ほど借りました。連帯保証人さえいれば無利子で貸してもらえるうえハローワークなどへの支援も受けられ、返済も20年待ってもらえます。自分は2か月ほどで再就職できたので、その後9カ月くらいかけて返済しました。就職活動していくうえでの計画書といった書類を提出させられますが、業者等に借りるよりも無利子で安心です。この制度は生活保護とは違うので審査も通りやすく、当面の水道光熱費を立て替えてくれたり、家賃滞納等で住居を追われた人へも住宅入居費として貸し付けてくれました。

6年前に将来の転職を見越して

6年前に将来の転職を見越して、大手の英会話スクールに通い始めました。大手なので、授業料も高めでした。教育給付金コースを選んだので、コース終了後に2割のお金が戻ります。しかし、契約の際は先払いで20万円ぐらい支払う必要がありました。ローンを利用しようと考えていた所、母が無利息で貸してくれました。お陰で、無事に英会話スクールに通うことができました。その結果TOEIC725点を取得し、無事に外資系企業に転職できました。今でも本当に感謝しています。ローンを組むとどうしても割高になってしまうので、利息なしで借りられました。

事業での資金繰りが

私は個人事業を営んでおります。事業での資金繰りが乏しくなった時に、私の妻の両親から多額のお金を借りました。妻の両親とはいえ私にとっては他人なのでその時は借用書も用意しました。毎月定額の支払いをするということと、毎月手渡しで返金するのが条件でした。その時は借りなければいけない状態でしたので納得してサインいたしました。これがきっかけで、毎月の支払いは妻の両親に手渡しでお返しすることになり、その時には夕食も一緒にしています。妻にも頭が上がらずご両親にも頭が上がらず肩身の狭い思いをしながら毎日を過ごしております。